パニック障害改善法

今回は“パニック障害”の話題です!!







パニック発作は、激しい不安症状が急激に出現した状態で、不安発作ともいいます。

パニック発作は、ある限定した時間以内に、恐怖感や不安感とともに心臓を中心とした自律神経障害が4つ以上同時に現れ、その症状は10分以内にピークに達します。


このパニック発作は、それまでとは違った強い恐怖と不快感がはっきりと区別できるもので、瞬間的に高まり、その後はもとの状況に収まったかに見えることが多いのです。

パニック障害の持続時間は、通常1分から1時間程度で患者によって様々です。


パニック発作は、パニック障害の中心症状ですが、その他の色々な不安障害、

例えば【恐怖症】や【ストレス障害】にもみられます。

このような場合、パニック障害と合併して恐怖症が起こっているものか、あるいは恐怖症の症状の一つとしてパニック発作が起こったものかを見極める必要があります。


パニック発作を正しく見極めるには、どのような状況でパニック発作が起こったのかを知ることが有力な手がかりになり、それによって病気の診断が異なります。

状況としては、次の3つに分けられます。


1つ目は、『不意(誘因なし)に起こるパニック発作』です。

パニック発作を起こす状況的な引き金がなく、突発症状が起こる場合です。

典型的なパニック発作の起こり方といえます。


2つ目は、恐怖の対象に対面したり、緊張感が最高潮に達するときに

パニック発作が起こる場合です。

ある状況に限って症状が起こるため、『状況結合性パニック発作』とも呼ばれています。


3つ目は、上記の2つの間の場合で、ある特定の状況にいる時に起こりやすい

パニック発作で、『状況に依存しやすいパニック発作』と呼ばれています。

この場合、特定の症状で必ず発作が起こるとは限りません。

また、特定の場所ではなく別の場所で発作が起こることもあります。






パニック障害を改善!エスカレーター式トレーニング!


その他、パニック障害が進行していくと【二次的うつ】にも注意が必要です。

これはパニック障害と一緒に出てくる症状ですが、医学的にはパニック障害とは一緒にせずに、別な病気として分けて考えられています。



二次的うつ病はジワジワと少しずつ進行していくので、パニック障害の患者さんはもちろん、
一緒にいる家族や時には医師ですら気付かないうちに進行していることがあります。



なんだか「おかしいな」と感じた時には、すでに発病しているので要注意です。



それというのも、二次的うつ病は気持ちが沈みがちになるだけで、他には主だった症状がなく、逆にパニック発作の回数は減ってくるという特徴のためです。



ですから患者さんも周囲も、パニック障害が良くなりつつあるのだと勘違いし、さほど気にかけない場合が多いことが、発見が遅れる原因になってしまうんです。



しかし、パニック障害の症状がうつ病にまで発展してしまうと、人生の貴重な時間を無駄に過ごす事になってしまいますので、できるだけ早急な治療が必要ですね。



また、発見が遅くすでに二次的うつ病を併発してしまったとしても、正しい治療を受ければ必ず回復するものですので、安心して医師に相談してみて下さい。




自宅で出来る!パニック障害改善!エスカレーター式トレーニングはコチラ!







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。